XEマーケットのスプレッドは?

 

FXランキングを行う上で、特に取引回数の多いトレーダーにとってはスプレッドは重要な意味を持ちます。


XEマーケットのスプレッドは主要通貨の場合1pipsからとなっているため、こういった取引頻度の高いトレーダーにとっても少ない必要経費で存分に取引を行うことができるようになっています。


選べる通貨ペアは、豪ドル / 円、米ドル / 円、ユーロ / 円、英ポンド / 円、カナダドル / 円、NZドル / 円といった主要となるものから、よく利用されるスイスフラン / 円、豪ドル / 米ドル、米ドル / ユーロなど45に及ぶ通貨ペアにわたっており、トレーダーが得意な通貨を選んで取引を行うことができます。


海外のFX業者の中には、少ないところで16通貨ペアから70通貨ペア、多いところでは150通貨ペアを取り扱っているところもありますが、FX業者を選ぶにあたって利用できる通貨ペアが多いことが、すなわち有利な取引になるというわけではもちろんありません。重要なことは、自らが得意とする通過ペアがちゃんと取り扱われているかどうかということです。


また、XEマーケットではトレーダーの利便性を考え、スマートフォンでも取引ができるようにツールを容易しています。


Android、iPhone、iPadはもちろんのこと、BlackberryやWebtrader、MAMといった機器にも対応しているので、外出先でも安心して相場の確認や取引を行うことが可能です。


取引に際しても、初回入金額は5ドル、取引単位は100,000通貨となっており手数料は一切無料です。


注文方法は「成行」「指値」「逆指値」「IFD」「IFD・OCO」「トロール」といったほとんどのトレード手法に必要な注文方法が用意されています。


このようにXEマーケットは数あるFXブローカーの中でも、現在最も日本市場への進出に尽力しているブローカーのひとつで、前述したような厳しい審査をクリアしているということから、2012年のリニューアルを経てなお、高い信頼を獲得してきました。


特に海外の業者には厳しい日本ユーザーに高い評価を得られるということは、今後の展開に際して大きな一歩となっています。


また、入出金にかかる手数料を一切とらないことや、大きなボーナスの提供、または高い日本語スキルによる顧客対応などもそういった評価を受けるひとつの要因となっています。


現在XEマーケットは日本のみならず、アジアユーザーに対するサービス拡大に力を入れており、その勢いはバイオプもしのぐほどとも言われます。 近いうちに新しいサービスも随時発表していくことを予定しています。